お電話 075-681-0587

坐骨神経痛

鍼灸治療

「坐骨神経痛」は、狭さく症ヘルニアなどによって、腰から足に向かう大きな神経が圧迫されて起こります。
おしり・ふともも・ふくらはぎ・足の指などに絞り取られるような痛みやジンジンとした違和感があると訴える人が多いです。

慢性の症状には鍼やお灸がよく効きます。
神経や周りの筋肉を刺激して痛みを緩和したり血流を良くして痺れや筋肉の緊張をとることができます。
鍼のみ・灸のみでよくなる方もいらっしゃいますし、鍼と灸を併用したり、鍼に電気を流す方法で刺激を高めたりといろいろなやり方の中から合うものを探していくこともあります。

ご自身が気持ちいいと思える方法がベストです。
また痛みによって前かがみやそりすぎの姿勢になり、腰痛や股関節の痛みが出ている場合もあるので、ストレッチや筋力強化によってそれらの症状も防いでいきます。

トップへ

すがぬま鍼灸接骨院〒601-8328
京都市南区吉祥院九条町20 メディナ西大路Ⅱ 1F
電話 075-681-0587 FAX 075-681-0587

Copyright© 2021 すがぬま鍼灸接骨院. All Right Reserved.